ターゲットに刺さるノベルティグッズの企画と制作

あらゆる施設でノベルティグッズを作る事は当たり前になっています。

しかしながら、どのような施設でもお客様に直接刺さるようなノベルティグッズ制作できているかどうかと言えば少し疑問なところがあります。

なんといっても、企画段階でどのようなターゲットにどのようなノベルティーグッズを企画するのかを明確にしておかなければ、実際に出来上がってきたときに失敗したと言うことがあるからです。

また、きちんとマーケティングをしていてもコスト面で折り合わなくて、クオリティー面でどうしても納得がいかないノベルティグッズができてしまうこともままあります。

だからこそ、複数のノベルティーグッズを企画して、ターゲットごとに明確なビジョンを設けた上で制作を行わなければなりません。実際にお客様にウケが悪いようでは渡した後の施設や企業のブランドイメージに傷がついてしまうことがあるからです。

最新の注意を図って企画から制作まで行うべきだと思います。

ノベルティグッズの企画を行う際のコストについて

ノベルティグッズを作る際の目的はなんといってもブランド価値を高めること、及びお客様に施設や企業のイメージを自宅に持ち帰っても、植え付けることにあります。

もちろん、コストパフォーマンスについては、非常に重要なポイントになります。

お客様一人当たりに対してどの程度の単価をかけることができるか、広告宣伝として検討した際に企業としての基準があるはずです。

こうした考え方を前提にノベルティーグッズの企画を検討するわけですが、スケールメリットによってそのコストパフォーマンスは大きく変わってきます。

実際に広告宣伝の効果が見られる位の投資であれば全く問題ないのですが、過剰な投資になればせっかくの優れたグッズも意味がなくなってしまいます。

うまく効果とコストのバランスをとりながらノベルティグッズの企画を行うことで、コストパフォーマンスも加味した制作を行わなければ、担当者としての資質を疑われることになります。

PR:生命保険の選び方/女性向けエステ.com/お家の見直ししま専科