コクがあり美味しい赤味噌と健康効果について

味噌は日本を代表する発酵食品として人気がありますが、その味噌にも色々な種類があって料理によって使い分けています。中でも赤味噌はそのコクからとても気に入っている種類であり、豆麹のものは健康効果も高いのでかなりおすすめです。

赤味噌の魅力は何と言ってもそのコクや濃さにあると思いますし、これがお味噌汁に入っていると活力が湧いてくるので好きなんです。米味噌や麦味噌と違って豆麹を使っているものはデンプン原料が入っていないこともあり、独特な味や風味が楽しめるのも良いと思います。豆麹を使った赤味噌は主に東海地方で作られていることもあり、関東住いの自分にとっては大人になるまであまり知らない味でした。しかし一人暮らしをしてから色々な味噌を料理に使ってみると、その濃い味がお気に入りになってしまい、最近は通販で色々な赤味噌を購入しています。また豆麹を使った赤味噌は自作をしている方もいるそうで、いつかやってみたいなとは思っているのですが中々時間が取れずにいるのは残念ですね。

赤味噌の健康効果としては豊富なビタミンミネラルを始め、代謝アップに有効なメラノイジン、中性脂肪を抑え抗酸化作用のあるペプチドはどが入っており、生活習慣病予防にも役立つのは嬉しいですね。反面味噌は塩分が多いのに気を付ける必要がありますが、色々な煮物や肉料理にも赤味噌は便利なので活用しています。また赤味噌は白味噌と比べると若干ですが値段が高価な傾向があるので、白味噌と合わせてローテンションをしています。赤味噌を使った料理としては鍋や煮込みうどんがお気に入りであり、野菜もしっかりと摂取できるのも良い点だと思います。