社外品フロアマットを購入使用してみた私の感想

まず第一に感じたのが、純正品フロアマットはもはや必要ないということでした。

私はまず中古車を購入したのですが、その時元々の純正フロアマットが付いていたのですが、だいぶ汚れており年季も入っていたので、安いフロアマットを探すのに始めはスマホや通販で色々と調べて見ました。すると自分が思っていたよりもリーズナブルで種類も多く、専用設計されたものが沢山出てきました。新しい車種ではなかったので、あまり種類はないんだろうな、と考えていたのですが正直驚きました。

私はエクステリアよりはインテリアを自分好みにカスタムしたいほうなのですが、純正品の色は基本ブラックしかなく地味なカラーばかりで、インテリアのカスタムには全く役立ちませんでした。しかし、社外品はカラーバリエーションが多く、インテリアのカスタムには断然社外品のほうが良いと思いました。使い心地も特別問題なく、むしろとある車の純正品フロアマットを使ったら毛玉がひどく、見栄えも悪くなった事がありましたが、社外品は全くそんなことはありませんでした。

さらに値段も純正品の半分くらいで収まってしまったので、余った予算を他のアイテムに回すことができありがたかったです。

もちろん、純正品のほうがさわり心地や消臭機能といったメリットはあるのでしょうが、運転に大きく影響する程のものでもないと思ってます。今までは車を購入する時に純正品を買わなければならない固定観念を持っていたのですが、今はもう全くなくなりました。次回の車を購入する時も純正品ではなく、社外品のフロアマットを選択したいと思います。