よく分からないゴミとおもったものでも実はお宝だとわかる遺品回収

身寄りのない遠い親戚が亡くなり、一番フットワークが軽いからということで私が現住地から離れた埼玉県に飛びました。もちろん地元のさいたま市では遺品回収業者の事情がわかりません。

なので、ネットで検索して一番に出てきた遺品整理士に仕事を頼むことにしました。この分野については全くの素人なので、故人の家に残ったなにかしらのアイテムが一円でも良いからお金になればと思いました。

たくさんの物品がありましたが、どれが価値ある品でゴミなのか、私には何も判断できません。なのでプロに各物品の価値を認定してもらうことにしました。やはりプロの仕事にまかせて助かりました。故人は和風にして古風な趣味を持っていたので、自分から見ると不気味なだけの人形をたくさんもっていました。全部ビニルに入れて捨ててしまおうかとも思いましたが、プロの目にかかるとそれらも価値ある芸術品だとわかりました。

二十体ほどの和人形が合わせて6万円ほどで売れました。他にも古びた茶瓶、着物なども数万円になりました。ゴミ屋敷としか思えなかった場所から遺品整理をするとたくさんお宝が出てきて良かったです。自分はよその県から親戚の家に向かいましたが、行き帰りの交通費がまかなえるくらい、思った以上の買取額になり大変助かりました。

ゴミとして出すにもお金と手間がかかるものを、プロに自宅まできてもたい、その場で売れる良いサービスだと思いました。リサイクルショップなどに持ち込む手間と時間が惜しい人にはおすすめのサービスです。