免疫賦活作用のあるアガリクスを健康食品で摂取

健やかな心身を維持する秘訣は免疫力の向上であり、効果が期待できるアガリクスは健康食品としてもポピュラーです。ハラタケ科のキノコであり和名も持ちますが、自生をするのはブラジルの東南部や北米の海岸草地になります。ピエダーテの山地が原産地であり、生活習慣病やがんなどの患者数は低く、長寿者も大変多いところです。

栽培に関しての気候条件が厳しいので人工的な栽培には向かず、入手困難と言われていましたが、現代では人工栽培もできるようになっています。かつては幻のキノコともささやかれていましたが、含まれる成分も豊かです。カリウムにマグネシウム、ほかにもビタミンDやビタミン含まれます。

最も重要なカギを握るのがβ-グルカンであり、多数のキノコの種類がある中でも6種類ものβ-グルカンを含むのはこのキノコだけです。白血球細胞のマクロファージはアメーバ状をしていて、活躍を終えた細胞や入り込んだウイルスなどを捕まえて食べてくれます。外から侵入をする異物を発見したときに、速やかに排除をする機能は、健康向上のためにも維持するためにも必要不不可欠です。何か体内に異常事態が起きたときに、真っ先に駆けつけて攻撃をしてくれるのがマクロファージであり、活性化をするためにも役立つ頼もしい存在です。

体の内側から健康を目指したい人にも、体調をより良いものに整えたい人にも向いています。またコレステロールの数値が気になりだした人や、キノコを日ごろから摂取することがあまりない人にもピッタリです。